自分に合った時間に仕事をしたい人や自宅で働きたい人、興味のあるプロジェクトに携わりたい人にとって、フリーランスという形態は非常に魅力的です。こちらの記事では、高収入のフリーランス職種をいくつかご紹介します。あなたの能力や知識が発揮できる場所があるかどうか一緒に見ていきましょう。

IT スペシャリストやデザイナー、ライターなど、フリーランスの専門家として取り組むことができる仕事はいくつも存在します。さまざまな職種のカテゴリーで募集があるため、あなたの能力にピッタリな仕事がきっと見つかることでしょう。

コピーライター

コピーライターはフリーランスの中でも最も需要が高い職種の 1 つです。ニュースレターや広告のコピー、E メール、電子書籍、エッセイ、または読者の興味を引くクオリティの高い資料の作成など、活躍の場は数多く存在します。

労働統計局 (BLS) は、この業界における雇用は 2020 年から 2030 年の間に 9% 拡大されると予想しています。また、あるデータは、日本では毎年15,400 ものライターの求人があると示しています。フリーランスの場合、世界中の消費者と仕事をするチャンスがあるため、雇用の機会はこの数よりもさらに多くなるでしょう。ちなみに Upwork で働くフリーのコピーライターの時給は、平均して $19 から $45であると言われています。

ウェブデザイナー

顧客と協力して個人のニーズに合ったウェブサイトを構築することがウェブデザイナーの主な仕事です。また、現存するウェブサイトのアップグレードを任されることもあるかもしれません。高い技術と想像力を持ち、質の高いウェブサイトやオンライン要素を制作できる人であれば、誰でもこの業界で成功するチャンスがあるはずです。

さまざまなプロジェクトに取り組むためには、JavaScript や Python、SQL などのプログラミング言語や関連するソフトウェアパッケージに関する技術を習得しなければなりません。Upwork のようなサービスでは、経験にもよりますが時給は大体 $15 から $30以上と言われています。ウェブデザイナーの需要は今後も伸びる一方です。2030 年にはこの業界は 13% も拡大すると言われています。

デジタルマーケティングコンサルタント

ビジネスにおけるウェブプレゼンスやリードジェネレーションを向上させ、利益を高めることがフリーランスのデジタルマーケターの役割です。このような目標は、検索エンジン最適化(SEO)や E メールマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツマーケティング、さらにウェブ広告などを駆使して達成することができます。コンサルタントは自身の持つ特別なスキルを使って、デジタルセールスやマーケティングの問題の解決に取り組むこともあります。このような職種に就くと、かなりの高収入が期待できます。さまざまな基準(例、プロジェクトスコープ)によって異なりますが、Upwork のデジタルマーケターの時給は $15 から $45 であると言われています。

ソーシャルメディアマネージャー

ビジネスはソーシャルメディアを通して、商品やサービスを直接ターゲットとする顧客へ売り込むことができます。マーケティング戦略の開発と実施を支援し、リードジェネレーションを向上させることがソーシャルメディアマネージャーの任務です。

フリーランスの場合、同時に複数の企業と契約を結び、多数のソーシャルメディアの分野でコミュニケーション戦術改善のサポートをすることが可能です。顧客からコンテンツ開発やターゲティングについてアドバイスを求めらることも多いため、さまざまなソーシャルメディアに関する専門知識は必須です。フリーランスのウェブサイトでは、ソーシャルメディアマネージャーの時給は $14 から $35 であるとされています。